蜂の子製品の賢い選び方(基本編)

一口に蜂の子サプリといっても、様々な種類の製品が存在します。
いずれも含有されている成分の量・バランスなどが異なり、それぞれに長所と短所があります。
値段も品質も様々です。

そんな製品の中から、どれを選べば良いか分からないと感じている方は少なくないはず。
『何から始めれば良いか分からない…』
『選び方の基準が分からない…』
という方も多いでしょう。

そんな方のために、このページでは、選び方の基本をまとめました。
ぜひ、参考にしながら、製品を選んでみてください。

蜂の子の品質をチェックしよう!

良質なサプリメントを選ぶために、絶対にチェックしておきたいのが、原材料となる蜂の子の品質です。

低品質な蜂の子では、なかなか満足のいく実感を得ることができません。
だからこそ、どんな原材料が使用されているか…はしっかりとチェックしておきたいところ。

具体的には、以下のポイントを確認しましょう。

性別・生後日数

まず最初にチェックしたいのは、性別です。

選ぶべきは「オス」の蜂。
オス蜂は全体の2%しか存在しない極めて希少な存在です。
メスよりも栄養価が豊富であるため、蜂の子サプリの原材料としてはオスの方が優れていると評価することができます。

この理由として挙げられるのが「成虫になるまでの期間」です。
メス蜂の場合、女王蜂であれば成虫になるまでに16日間、働き蜂のメスでは21日間が目安となります。

一方で、オス蜂の場合は、成虫になるまでに24日間と最も時間を要するのが特徴です。
その分、体内にしっかりと栄養価を貯蓄しています。

また、メス蜂はローヤルゼリーやはちみつなどを作り出す役割があるため、食用となることは極めて稀です。
そのため、特に意識して選ばずとも、蜂の子サプリの原材料にはオスが使用されているはず。
製品選びの際には、念の為に性別をチェックしておく…という感覚で確認しておけば良いでしょう。

ただし、生後日数に関しては十分なチェックが必要です。
同じオス蜂でも、生後まもなくの幼虫と成虫になる間際の幼虫では栄養価が全く異なります。
理想的なのは、生後21日程度。

多少前後するのは問題ありませんが、できるだけこの時期の蜂の子を原材料にした製品を選びましょう。

養蜂場

どんな養蜂場で育った蜂の子が使用されているのか…をチェックしましょう。
養蜂場の立地環境や養蜂の条件をチェックすることによって、安全性や品質を確認することができます。

具体的には、以下のような条件が揃っていると理想的です。

立地環境

都心から離れた地域に立地している養蜂場が理想的です。
大気汚染や農薬汚染などの心配がありません。

これらのリスクに対して十分に配慮された立地環境に設置されている養蜂場であるかどうかをチェックしましょう。
上記したポイントに配慮されている養蜂場であれば、安心感があり、十分信頼できる製品と評価することができます。

養蜂の条件

基本的な養蜂の方法としては、移動養蜂と定置養蜂の2種類が存在します。
このうち、より高品質な蜂の子が育つのは定置養蜂と考えられています。
製品の品質を確認するときは、定置養蜂で育てた蜂の子であると明記されているかどうかをチェックしましょう。

移動養蜂...
春から夏にかけて、特定の花の開花時期に合わせて巣箱を移動させます。
次々に移動する必要があるため、蜂が弱ってしまい、寄生虫による疾病のリスクが高くなります。
さらに、農薬や環境ホルモンで汚染された蜜を集めてくるリスクが高くなるため、巣箱全体が汚染されてしまう可能性もあります。
また、抗生物質などが使用されることもあるため、注意が必要です。

定置養蜂...
一ヶ所で次々に咲く多種類の花から蜜を集める方法です。
自然に近い状態のため、蜂の子への負担も殆どありません。
蜂がのびのびと健康的に育つのが特徴です。

原材料の品質に優れた製品は?

良質な原材料を使用している製品の代表例としては、山田養蜂場の酵素パワー蜂の子が挙げられます。
この製品は、養蜂場の立地環境にも十分配慮しているのが特徴。
安心して摂取することができる信頼度の高い製品です。

特に注目したいのは、トレーサビリティシステムが確立されていること。
「いつ・どこで・だれが」採取したものなのかが分かるように記録が残っています。

使用されているのは、もちろんオス。
生後約20日目の雄蜂の子を採用しているため、栄養価もたっぷりです。

定置養蜂にこだわっているのは?

定置養蜂にこだわったサプリメントとして挙げられるのは、ハチの子800+という製品です。
養蜂場が設置されている環境にも配慮されているので安全性は十分。
使用されている蜂の子は、生後約21日目なので栄養価も十分です。

含有量をチェックしよう!

上記したようなポイントをクリアした良質な原材料が使用されている場合でも、含有量に乏しい製品では、なかなか満足のいく実感に結びつきません。

もちろん「含有量が豊富であること=高品質」という訳ではありませんが、十分に考慮しておきたいポイントと言えます。
製品を選ぶときは、必ず含有量をチェックするようにしましょう。

具体的には、一日あたりの摂取目安量に含まれる蜂の子の含有量を確認するのがおすすめ。
大体の目安ですが、一日あたり700mg以上の含有量を確保していれば、十分に高品質と評価することができるでしょう。

ちなみに、ランキングでピックアップしたサプリメントの含有量は以下の通りです。(一日あたり)

  • 山田養蜂場 酵素パワー蜂の子...720mg
  • ハチの子800+...800mg
  • 花菜の厳選蜂の子...750mg

続けやすさをチェックしよう!

サプリメントを選ぶ際には、続けやすさを確認しておくことも大切です。
蜂の子は、一度飲んだだけで満足できる結果が出るものではありません。
継続して長期的に摂取することによって、実感度が高まります。

だからこそ、製品を購入する際には、続けやすいサプリメントを選ぶことを意識したいところ。
具体的には、以下のポイントをチェックすると良いでしょう。

クチコミでの評価

クチコミで「飲みやすい」と評価されている製品を選びましょう。
味・匂いなどを実際に体感したユーザーのクチコミは、飲みやすさを判断する際に、非常に有効なヒントとなります。

ちなみに、クチコミで飲みやすさを評価されている製品としては、山田養蜂場の酵素パワー蜂の子が挙げられます。
この製品は、ソフトカプセルの粒を採用しています。

そのため、しっかりと匂いや味を抑えることができているのが特徴。
蜂の子は苦手…という方でも、無理なく続けていくことができるでしょう。

コストパフォーマンス

値段が高すぎる製品では、長期間にわたって続けるのは大変です。
そのため、予算の範囲内で続けやすい製品を選ぶのがポイント。

ランキングなどを活用して、コストパフォーマンスに優れた製品を購入しましょう!

関連コラムRelated column