蜂の子で健康を目指そう!

不眠を改善する蜂の子

ストレスと向き合って生きる現代、不眠の悩みを抱えている人も少なくありません。できれば睡眠薬や強い薬に頼らず、自然な方法で良質な眠りを得たいものです。

自然食品の蜂の子は耳鳴りや難聴に効果があります。さらに自律神経の乱れからくる不眠の改善にも効果を発揮します。

不眠の原因

不眠の原因は多くあります。不眠を改善するためにはまずその原因を知ることが大切です。

不眠は病気や怪我の痛みなどの身体的な原因、 うつ、総合失調症などの精神の疾患よる原因、ストレスや不安、悲しみといった精神的な原因、カフェインなどによる薬理的な原因、不規則な生活習慣などが原因となって起こります。

長期に渡るストレスなどの精神的な抑圧や不規則な生活習慣は自律神経を乱します。その結果、不眠をはじめとするさまざまな体の不調を引き起こすことになります。

病気からくる不眠

高血圧、糖尿病、脳卒中、認知症、前立腺肥大症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、総合失調症、アトピー性皮膚炎などの疾患は不眠を招く可能性があります。

女性の場合、女性ホルモンのバランスが崩れたり、更年期の症状のひとつとしても不眠になる場合があります。

蜂の子の不眠改善効果

蜂の子は自律神経の乱れからくる不眠の改善に効果があります。

自律神経とは?

呼吸、消化、発汗、血液の循環など、人の生命活動に関係するすべての器官の働きは自律神経によりコントロールされています。

自律神経は、昼間に働く活動に関する交感神経と、夜に働く睡眠やくつろぎに関する副交感神経のバランスをうまく取ることにより正常な機能を果たしています。

しかし不規則な生活習慣や過剰なストレス、加齢、更年期などのさまざまな要因により自律神経のバランスが崩れると、身体に数々の不快な症状が現れます。不眠はその症状のひとつです。

蜂の子とセロトニン

セロトニンは神経伝達物質のひとつで、人の脳内や血液中、消化管に存在します。 このうち脳内のセロトニンは精神を平静にし、リラックスさせる働きがあり、自律神経の安定に関与します。

このセロトニンを作る材料になるのが必須アミノ酸のひとつのトリプトファンです。そしてビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムもセロトニンの合成に関わります。

蜂の子はセロトニンを作り出すトリプトファン、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムをすべて含んでいます。

メラトニン

自律神経を安定させるセロトニンは脳内の松果体というところでメラトニンというホルモンに変換されます。メラトニンは直接不眠の解消には作用しませんが、体内時計を調節し、睡眠のリズムを整える働きがあり、間接的に不眠の改善の助けとなります。

自律神経の安定が不眠を改善

このように蜂の子には自律神経を整える働きがあり、自律神経のバランスの崩れからくる不眠の改善に効果があります。そして自律神経の安定はうつや更年期症状の改善にもつながります。

また蜂の子はカルシウムや鉄、亜鉛などのミネラル、ビタミン、数多くのアミノ酸を含んでいるので、それらの成分が総合的に作用し不眠の改善に効果を発揮します。

前述したように不眠はその原因を知ることが大切で、原因によりそれぞれ適切な処置が必要になってきます。病気からくる不眠の可能性がある場合は自己判断せず、医療機関の受診をおすすめします。 これを機に蜂の子で健康生活はじめてみませんか。

ページのトップへ戻る