蜂の子製品の賢い選び方(応用編)

蜂の子は、毎日のイキイキやキレイのサポートに役立つアイテムです。
しかし、相性の良いサプリメントを選ばないと、そのパワーを十分に活かすことができません。

そこで、このページでは相性の良い製品を選ぶ方法をまとめ!
こちらのページでガイドしている内容よりも一歩踏み込んだ応用的な選び方をナビゲートします。

酵素分解された製品を選ぶ

原材料の質や含有量が同じ製品でも、加工段階での工夫次第で実感度が左右されるケースがあります。

その工夫の具体例として「酵素分解技術」などが挙げられます。
酵素分解のような低分子化技術で加工されると吸収しやすくなり満足度がぐっと高まるため、サプリメントを購入する際にはしっかりとチェックしておきたいポイントです。

酵素分解技術とは

酵素分解技術とは、酵素の働きを利用して蜂の子に含まれるタンパク質を予めペプチドやアミノ酸の状態にまで分解する技術のこと。
そうすることで、吸収率がぐっと高まります。

そもそも、私達人間が食品からタンパク質を摂取するときは、必ず胃や腸でタンパク質を細かく分解して、ペプチドやアミノ酸という形にしてから吸収します。

酵素分解技術によって予めペプチド・アミノ酸の状態にすることによって、蜂の子の長所であるタンパク質がよりスムーズに吸収できるようになっているのです。

吸収率を高めた製品の代表例

吸収率を高めている製品の代表例としては、山田養蜂場の酵素パワー蜂の子が挙げられます。
メーカーである山田養蜂場独自の酵素分解技術によってタンパク質をアミノ酸やペプチドの状態まで低分子化しています。
そのため、栄養素を吸収しやすく、満足度が高いのが特徴です。

また、ハチの子800+も低分子化が実施されている製品です。
やはり、酵素分解技術が採用されています。
こちらのサプリメントで使用されている酵素分解技術は、加水分解酵素処理という方法です。
蜂の子に含まれているタンパク質を大幅に低分子化しています。

配合成分で製品を選ぶ

製品を選ぶ際には、蜂の子以外の配合成分もしっかりとチェックしておきたいところ。
製品によっては、蜂の子と相性の良い成分をプラスしているものがあります。
そうすることによって、実感度をグッと高めているのです。

以下では、その具体例をピックアップしました。

γ-アミノ酪酸 (GABA)

蜂の子と相性の良い成分の代表例として挙げられるのがGABA(γ-アミノ酪酸)です。
この成分は、リラックスをサポートできるのが特徴。

気持ちを落ち着かせたい…
仕事や家庭でのストレスが辛い…
と悩んでいる現代人を応援します。

蜂の子に含まれている成分と相性良く働き、毎日のイキイキを応援します。
この成分を蜂の子と組み合わせている製品の代表例としては、山田養蜂場の酵素パワー蜂の子が挙げられます。

イチョウ葉エキス

イチョウは、2億年以上も昔から地球上に存在していた植物です。
恐竜が繁栄していたジュラ紀から現代まで生き続けるほどの強靭な生命力を持っているのが特徴。
生きた化石とも呼ばれています。
長寿木で樹齢1000年以上のイチョウも存在します。

そんなイチョウの葉から抽出されたエキスを、蜂の子と一緒に配合するケースは少なくありません。
イチョウ葉には、フラボノイドやギンコライドなどの有用成分が豊富に含有されています。

フラボノイドには優れた還元力が期待されているため、年齢に負けたくない中高齢者におすすめ。
ギンコライドはテルペノイドの一種で、ヨーロッパでは医薬品としても扱われる成分です。
身体のめぐりを整える働きを持っているのが特徴です。

この成分を配合している製品としては、ハチの子800+が挙げられます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、蜂の子にも含有されている栄養素です。
それをさらに補うかたちでビタミンB群が配合されるケースもあります。

例えば、酵素パワー蜂の子では、ビタミンB2とビタミンB12が追加配合されています。
これらの成分は、年齢を重ねることで不足しやすくなると言われている栄養素です。

そんな成分をプラスすることによって、蜂の子のパワーを最大限にまで引き出しています。

配合成分が豊富な製品は?

蜂の子以外の成分を多彩に配合している製品があります。
それが、花菜の厳選蜂の子です。

この製品はクチコミでも評価の高いサプリメントで、蜂の子自体の含有量も豊富。
一日あたり750mgの蜂の子を摂ることができます。

その他の成分としては、以下が挙げられます。

--クアンソウ
クアンソウは、沖縄に自生している野菜。
琉球王国時代から続く伝統的な島野菜で、花や茎の部分が食用とされます。
リラックスしたい現代人をサポートするパワーが期待されています。

--ナギイカダ
ナギイカダエキスが配合されています。
ナギイカダは、ヘルスケアハーブとしてドイツで長年にわたり愛用されてきた植物です。
主成分はサポニンで、身体の巡りを促進する働きが期待されています。

これらの成分に加えて、上記したイチョウ葉エキスもプラスしています。
配合成分が非常に多彩で満足度の高い製品と評価することができます。

品質管理のレベルから製品を選ぶ

こちらのページでも解説していますが、蜂の子のサプリメントは続けることが非常に重要です。
長く続けることによって、満足度が高まります。

続けやすさを左右する要素としては、味や匂いなどの飲みやすさが重要なポイントとなりますが、それ以外にもチェックしておきたいポイントがあります。

それが「品質管理」が十分に徹底しているかどうか…という点です。
安全性を十分に確保している製品なら、安心して続けていくことができます。

製品を選ぶ際には、品質管理のレベルを十分にチェックしましょう。

製造が行われる工場

どんな工場で製造されているか…をチェックするのは大切なポイントの一つ。
GMPやHACCPなどの基準をクリアしているかどうかを確認すると良いでしょう。

GMP認定をクリアしている工場で製造された製品の代表例としては、酵素パワー蜂の子が挙げられます。

また、花菜の厳選蜂の子は、HACCPやISO22000などの基準をクリアした工場で製造されています。

各種検査

各種検査や分析が徹底されている製品なら安心感があります。
残留農薬検査や重金属検査、抗生物質検査などが徹底されているかどうかを確認しましょう。
この他には、微生物検査や合成抗菌剤検査などが実施されていると安全性が高いと評価することができます。

山田養蜂場の酵素パワー蜂の子は、上記したすべての検査を実施しているため、安全性が高いと判断することができるでしょう。
信頼度の高いサプリメントです。

悩んだらランキングで選ぶ

あれこれ考えるのが面倒…という場合は、ランキングを活用して選ぶのがおすすめ。
ランキングに掲載されている製品は、どれも高品質で満足度の高い製品です。
確実に良質な製品を選ぶことができるのがメリットです。

色々な条件をチェックしているうちに、どれを選べば良いかわからなくなってしまう…
ということは少なくありません。
そんなときは、ランキングを活用して製品を選ぶのがおすすめです。

関連コラムRelated column