メニエール病とは?治療に蜂の子が効果的?

栄養豊富な蜂の子は、様々な病気の予防・改善に効果を発揮してくれます。
中でも注目されているのが“メニエール病”への効果です。
メニエール病とは一体何なのか?
なぜ蜂の子が効果的とされているのか?
詳しくお伝えしていきます。

メニエール病とは?

メニエール病は、耳の中の“内耳(ないじ)”という部分のリンパが増え、水ぶくれのような状態になる病気です。
内耳には、音を聞くための細胞が集まる“蝸牛(かぎゅう)”と、平衡感覚を司る“三半規管”や“耳石器”があり、病気になる部分によって起こる症状も異なります。

蝸牛が水ぶくれになった場合

音が聞こえにくくなる難聴や耳鳴りの症状が起こります。
軽度のものでは、耳が詰まったような感覚になる、音が響くなどの症状が見られます。

三半規管や耳石器が水ぶくれになった場合

主に目まいの症状が見られます。
10分~数時間と、長時間に渡って起こるのが特徴です。
これらの症状が繰り返し起こるのがメニエール病の特徴です。

蜂の子のメニエール病への効果

蜂の子がなぜメニエール病に効果的なのか、メニエール病の原因にも触れながら解説していきます。

自律神経を整える

メニエール病の原因はまだはっきりと解明されていませんが、ストレスによる自律神経の乱れが大きく影響していると言われています。
蜂の子には、自律神経を整えるビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれており、中でもアミノ酸の一種である“トリプトファン”は、耳鳴りをはじめとしたメニエール病の症状に効果的です。
自律神経を調節するセロトニンの生成をサポートしてくれます。

ストレスホルモンを軽減する

ストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。
耳の奥にはこのコルチゾールの受容体が多く、その影響で難聴や耳鳴りが起こるとされています。
蜂の子にはコルチゾールを減らす効果があり、メニエール病によって起こる症状の緩和が期待できます。

聴力を回復させる

蜂の子には、聴力を回復させる効果があることも臨床実験で明らかにされています。
このことから、メニエール病はもちろん、それ以外の原因で起こる難聴や耳鳴りにも効果的として多くの人に注目されています。

蜂の子を取り入れてメニエール病を改善

メニエール病は難聴、耳鳴り、目まいなどを引き起こす病気です。
原因がはっきりしないため、根本的に治すことが難しいとされています。
「薬を飲んでも症状がなかなか良くならない」という人は、メニエール病改善に効果的な蜂の子を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連コラムRelated column