授乳中に蜂の子はOK?

栄養価が高いことで知られる“蜂の子”。
多くの栄養を必要とする授乳中のお母さん達の中には、「食生活に取り入れよう!」と考える人もいるでしょう。
ただ、心配なのが“母乳を通じて子供に影響を与えることはないのか?
”ということ。
ハチミツが乳児にNGなだけに、不安になる人も少なからずいると思います。
授乳中の蜂の子はOKなのか?
その疑問をここで解決していきましょう!

授乳中に蜂の子はOK?

結論からお伝えすると、授乳中に蜂の子を食べるのは問題ありません。
ハチミツを乳児に食べさせるのは良くないと言われるのは、ハチミツによって乳児がボツリヌス菌に感染する可能性があるため。
ですがそんなハチミツも母乳を通じて乳児に影響することはなく、授乳中は食べてよいとされています。
それと同じように蜂の子の栄養も、お母さんが食べたからといって直接乳児に届くわけではないのです。

母乳の質を高める蜂の子の栄養

蜂の子にはビタミン、ミネラル、アミノ酸といった豊富な栄養素が詰まっています。
質の良い母乳をつくるには、お母さんが栄養をバランスよくとることが何よりも大切。
蜂の子はそんな栄養バランスのサポートをする働きがあります。
また蜂の子に含まれるトリプトファン(アミノ酸)は体内でセロトニンという物質を増やし、ストレスを軽減することが分かっています。
夜中の授乳や赤ちゃんのお世話でストレスが溜まり、母乳の出が悪くなってしまったというお母さんにも向いています。

サプリの使用には少しだけ注意を!

蜂の子をサプリで取り入れる際は少しだけ注意する必要があります。
出産後はホルモンバランスが乱れて体がデリケートになっている時期です。
サプリに配合されている成分や添加物に敏感に反応し、体調を崩してしまうことも考えられます。
服用する前に一度かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

様子を見ながら少しずつ蜂の子を取り入れよう

蜂の子は授乳中に摂取してもOKです!
赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。
むしろ質の良い母乳をつくってくれるおすすめの食品と言えます。
ただしサプリを取り入れる場合は要注意。
服用前に医師に確認し、体調を考慮しながら摂取しましょう。

関連コラムRelated column