腎臓病とは?蜂の子で腎臓病が防げるって本当?

私たちの体の中には“腎臓”という重要な役割を持つ臓器があります。
この腎臓の機能が低下して起こるのが慢性腎臓病や腎不全などの病気です。
よく知られている高血圧や糖尿病などのような、新たな国民病として注意が促されています。
そんな腎臓病に、なんと“蜂の子”が効果を発揮することが分かっているのです!
腎臓病とはそもそも何なのか?
なぜ蜂の子が効くと言われているのか?
詳しく解説していきます。

腎臓病とは?

そもそも、腎臓がどんな働きをしているか知っていますか?
腎臓は体の中で主に次のような役割を担っています。
・老廃物や塩分を尿として排出する
・血圧を調整する
・ミネラルを体に取り込む
・健康な血液をつくる
これらの働きをする腎臓が弱くなると、体の中には老廃物、塩分、水分がどんどん溜まっていき、むくみ、高血圧・低血圧、貧血などの症状が起こりやすくなります。
これが腎臓病です。
悪化すると、脳卒中や心筋梗塞など生死に関わる病気のリスクが高まることも分かっています。
腎臓機能がある程度まで低下してしまうと元に戻ることはなく、透析という方法で人工的に老廃物や水分を取り除いたり、血液をろ過する治療が必要になってきます。

蜂の子が腎臓病に良いと言われる理由

一度なってしまうと改善が難しい腎臓病。
ベストなのは悪化する前に予防をすることです。
その予防に、蜂の幼虫やサナギである“蜂の子”が効果的なのです。
蜂の子の腎臓病予防への効果を見ていきましょう。

血圧の安定効果が期待できる

血圧が乱れると、腎臓がそれを調整しようとするために負担がかかり、機能の低下が起こりやすくなります。
蜂の子には血圧を安定させるビタミン様物質“コリン”が含まれており、腎臓病の予防に効果的です。
また蜂の子のたんぱく質を分解してできる“活性ペプチド”にも、血圧安定作用が期待できます。

血行を促す

血中に糖分やコレステロール(脂質)が多い状態、つまり血液がドロドロの状態は糖尿病や動脈硬化を起こしやすくすると同時に、腎臓にも大きな負担をかけてしまいます。
蜂の子には、脂質、糖質、たんぱく質の代謝をする“ビタミンB群”、血管を強化する“ビタミンC”、血液をサラサラにする“オレイン酸”や“リノレン酸”、血流を促す“ミネラル類”や“アルギニン(アミノ酸)”など、生活習慣病のリスクや腎臓への負担を減らす栄養素が多く含まれています。

蜂の子を取り入れて腎臓病を予防しよう!

腎臓病は糖尿病や高血圧と並ぶ恐ろしい病気です。
しかも一度腎臓の機能が低下してしまうと改善が難しいという特徴もあります。
悪化する前に、食生活を変えるなどの対策をとることが重要です。
蜂の子にはそんな腎臓病の予防にぴったりな栄養素がバランスよく含まれています。
むくみがひどい、血圧が高い、尿の回数が少ないなど、腎臓のトラブルに心当たりがある人は蜂の子を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連コラムRelated column