脳の働きを高める蜂の子成分とは?

健康効果が高いことで知られる“蜂の子”、実は脳にも良い影響を与えてくれる食品なのです。
蜂の子の代表的な効果といえば耳鳴りの軽減や難聴の改善が挙げられますが、これらの効果にも蜂の子の脳への作用が大きく関わっています。
蜂の子が脳にどう作用するのか、どんな成分が効果的なのか、詳しく解説していきます。

蜂の子が脳に良いと言われるのはなぜ?

蜂の子には“自律神経を整える働き”があります。
自律神経とは、体や脳の機能をコントロールする神経のことです。
活動的な時に優位になる“交感神経”と、安静にしている時に優位になる“副交感神経”の2つがあります。
普段当たり前のようにおこなわれている血流や発汗を調整しているのも自律神経です。
さらにはイライラやリラックスといったメンタルにも影響を及ぼします。
そのため自律神経が狂うと、手足が冷える、急に汗が出て止まらなくなる、やる気が出ない、眠れないなどの不調が出やすくなります。
蜂の子が乱れた自律神経を整えることで、体や脳の機能が高まり、不調が起きにくくなるというわけです。

自律神経を整える蜂の子成分

自律神経の乱れによっておこる脳機能の低下は、体を安定させる“セロトニン”の不足が原因に挙げられます。
蜂の子には、このセロトニンをつくり出し放出するのに欠かせない栄養素がバランス良く含まれており、自律神経を整える効果が期待できるのです。

セロトニンをつくるのに欠かせない栄養素

蜂の子には必須アミノ酸の一つである“トリプトファン”が含まれています。
トリプトファンはセロトニンの材料となる栄養素です。
その他にも“ビタミンB6”“鉄”など、セロトニン生成に関わる栄養素を含んでいます。

セロトニンを放出するのに欠かせない栄養素

つくり出したセロトニンを放出するのに欠かせないのが“カルシウム”や“マグネシウム”です。
蜂の子にはこのどちらも含まれています。

蜂の子の脳への効果で耳鳴り・難聴が改善される理由

蜂の子にはセロトニンを増やす栄養素が豊富に含まれており、自律神経を整える働きがあります。
耳鳴りや耳の聞こえにくさを改善する効果が研究で明らかにされていますが、これも蜂の子のセロトニン生成や自律神経を整える働きが、耳に影響を与えているコルチゾール(イライラやストレスを感じた時に放出されるホルモン)を減らしたからではないかと言われています。
実際に蜂の子によって血中のコルチゾールが低下したという検査結果も出ています。
体だけではなく、脳にも良い影響を与える蜂の子。
不調が続いているという人は、生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連コラムRelated column