薄毛をストップ!育毛をサポートする蜂の子の力

耳鳴りや生活習慣病予防などの効果が明らかにされている“蜂の子”ですが、実は髪にも良い影響を与えてくれます。
「抜け毛が増えた」「薄毛が気になる」といったトラブルを起きにくくする効果が期待できるのです。
ここではそんな蜂の子の薄毛&抜け毛への働きについて詳しくお伝えしてきます。

髪の栄養不足を補う蜂の子

髪が抜ける、細くなる、全体的に薄くなるといった症状の原因には、髪や頭皮の栄養不足が挙げられます。
髪が育ちやすい環境が整っていないために、一本一本が細く弱くなったり、丈夫に育つ前に抜け落ちてしまうのです。
蜂の子には多くの栄養素がバランス良く含まれています。
それらが髪や頭皮の成長をサポートをし、ハリやボリュームのある髪づくりを促してくれます。

蜂の子に含まれる育毛に効果的な栄養素

蜂の子は蜂の幼虫やサナギのことです。
栄養価が高いとして古くから食用にされてきました。
蜂の子のどんな成分が髪や頭皮の栄養になるのか、具体的に見ていきましょう。

アミノ酸

貴重なたんぱく源として食べられてきた蜂の子には、アミノ酸が豊富に含まれています。
アミノ酸は髪の材料となる栄養素です。
ロイシン、スレオニン、バリンなど体の中ではつくられない必須アミノ酸9種類を含めた、全18種類のアミノ酸が髪を構成しています。
蜂の子にはこの18種類のアミノ酸がすべて含まれており、抜けにくい丈夫な髪をつくる効果が期待できるのです。

亜鉛

アミノ酸が髪になるのをサポートするのが亜鉛です。
アミノ酸が髪の構成成分であるケラチンになるのを促してくれます。
蜂の子にはこの亜鉛が含まれており、髪の成長をスムーズにしてくれます。
またAGAという脱毛症を引き起こす5a-リダクターゼ酵素の働きを抑制する働きもあり、抜け毛の軽減にも効果的です。

ビタミンB群

蜂の子にはビタミンB群も豊富です。
その中のビタミンB2やビタミンB6には、皮膚の代謝を促す働きがあります。
髪の土台となる頭皮も皮膚です。
頭皮の代謝が良くなることで健康な髪の成長も促されます。
また蜂の子に含まれるビオチンも髪に良い栄養素です。
ビタミンBの一種で、頭皮の代謝をアップさせる他、血流を良くして髪をつくる細胞に栄養を届きやすくしてくれます。

蜂の子で髪がつくられやすい環境を整える

蜂の子を食べたからといって急に髪が増えたり、抜け毛が止まったりということはありません。
ただ、髪に良いとされる栄養素を多く含んでおり、育毛をサポートしてくれる食品であることは確かです。
3食全てバランス良く食べるのはなかなか難しいもの。
「栄養が偏っているな」「髪に栄養が足りていないな」と感じる人は、ぜひ蜂の子や蜂の子サプリに注目してみてくださいね。

関連コラムRelated column