蜂の子が難聴に効く!?研究で明らかになっている効果とは?

ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、豊富な栄養を含む“蜂の子”。
サプリに配合されているのを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。
多くの人に馴染みのある食品とは言えないものの、様々な効果が期待され研究が進められています。
ここではそんな蜂の子の研究で明らかにされている効果をいくつかご紹介していきます。

蜂の子の研究で明らかになっている効果

耳鳴り・難聴の改善

耳鳴りをともなう難聴患者60人を2つのグループに分け、一つのグループは酵素分解された蜂の子カプセルを、もう一方のグループはプラセボ(蜂の子を含まない偽薬)を12週間摂取する実験が行われました。
その結果、プラセボグループの聴力が低下していたのに対し、蜂の子グループは聴力の回復が見られました。
また蜂の子を摂取することで、耳鳴りに対する苦痛やストレスが和らぐことも分かっています。

ストレスの軽減

先に挙げた耳鳴りの研究では、蜂の子グループの血中の“コルチゾール”が減ったことも明らかにされています。
コルチゾールはストレスを感じた時に分泌されるホルモンです。
つまり蜂の子には耳鳴りや難聴を改善する効果と同時に、ストレスの軽減効果があるということも言えます。

肌の弾力アップ

20~30代の女性が蜂の子配合食品を摂取する試験では、肌の弾力を改善する効果があることが明らかにされています。

蜂の子がなぜ耳鳴りや肌に有効なのか?

上記のような研究毛結果には、蜂の子に含まれている栄養素が大きく関係しています。

耳鳴りやストレスに作用するトリプトファン

トリプトファンとはアミノ酸の一種で、体内で“セロトニン”の材料になります。
セロトニンは自律神経を整え、ストレスを緩和する神経伝達物質の一つ。
蜂の子によってこのセロトニンが増えることで、ストレスや、それによって起こる耳鳴りが改善されるのではないかと言われています。

肌にハリを持たせるアミノ酸やビタミン

アミノ酸は皮膚の材料となる栄養素です。
コラーゲンや肌表面にある保湿因子の材料にもなり、健康でうるおいのある肌をつくります。
また蜂の子には、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCや、肌の生まれ変わりを促すビタミンB群が含まれており、ハリのある肌に改善する効果が期待できます。

蜂の子の効果は研究でも明らかにされている!

耳鳴りやストレス、肌への効果は研究でも明らかにされています。
蜂の子は薬ではなく健康食品の一つですが、高い効果が期待できそうです。
この他にも蜂の子に期待できる効果は多くあります。
病気やトラブルを予防・改善したいという人は、蜂の子の健康効果に注目してみましょう!

関連コラムRelated column