蜂の子ってどんな味?

百貨店やネットなどで“蜂の子”の佃煮が売られているのを見たことがありませんか?
調理や味付けがされているとは言え、見た目は蜂の幼虫やサナギそのまま。
どんな味か気になっている人も多い思います。
そこでここでは、蜂の子の佃煮や、生の蜂の子の味や食感触感 についてお伝えしていきます。

蜂の子の味

生の蜂の子はどんな味?

佃煮のように味付けされていない生の蜂の子はどんな味なのでしょう?
実際に食べたことのある人の声を集めてみました。

・濃厚でコクがある甘味
・トウモロコシっぽい甘さ
・クリーミー
・あっさりした淡白な味
・魚の白身にも似た味
・海老のような風味

蜂の種類によっても味が変わってくるよう ですが、全体的に共通していたのが「コクのある甘み」「淡白な味」といった声でした。
また「炒ると香ばしさが出て美味しい」という声もありました。

蜂の子の佃煮はどんな味?

佃煮にされた蜂の子は、見た目はインパクト大ですが、味は普通の佃煮です。
お醤油やお砂糖の甘辛い味付けで、他の魚などの佃煮と大差ありません。
ただ少しだけ独特な香りがあり、魚や貝の佃煮よりもさっぱりしています。

「苦そう」
「生臭そう」

などのイメージがあるかもしれませんがそんなことはなく、ご飯のお供やお酒のおつまみの一品にするにはぴったりな味です。

蜂の子の食感触感は?

蜂の子の好き嫌いが分かれる理由の一つが食感触感です。
味付けは問題なくても、

「食感触感が虫っぽくてダメ」
「噛むのに躊躇する」

という人は多くいます。
幼虫はしっとりしていますが、佃煮の場合は調理されているのでそこまで柔らかくはありません。
歯でしっかりと噛めるくらいの歯ごたえはあります。
近い食材としては、ゆでたエビや固いゆで卵の白身などの意見があります。
サナギは幼虫よりも硬さがあり、シャリシャリした歯ごたえです。
サナギになったばかりのものは柔らかく、成虫になりかけのものは固いようです。
蜂の子のぷにぷにとした食感が気持ち悪いという方は、素揚げにしたり火で炙ったりするとカリっとして食べやすくなります。

生の蜂の子はどんな味?

佃煮のように味付けされていない生の蜂の子はどんな味なのでしょう?
実際に食べたことのある人の声を集めてみました。

・濃厚でコクがある甘味
・トウモロコシっぽい甘さ
・クリーミー
・あっさりした淡白な味
・魚の白身にも似た味
・海老のような風味

蜂の種類によっても味が変わってくるようですが、全体的に共通していたのが「コクのある甘み」「淡白な味」といった声でした。
また「炒ると香ばしさが出て美味しい」という声もありました。

蜂の子を食事に取り入れてみよう!

現在では蜂の子の希少価値が高く、新鮮な生の蜂の子はなかなか手に入りません。
生の蜂の子はコクがあってまろやかな味がします。
炒ると香ばしさが出るようですので、生食に抵抗がある食べてみたいという人には火を通してから食べましょう。
、味付けされていて食べやすく、 比較的手に入りやすい佃煮や加工製品は味付けされていて食べやすいため、から蜂の子のクセや味が気になる方はこういったものから試すのがおすすめです。
毎日の栄養補給にぴったりな蜂の子。
ぜひ一度試してみてくださいね。

関連コラムRelated column