蜂の子でつらいむくみを改善!

「夕方になるといつも足がパンパン!」そんなむくみの症状にお困りの人は多いのではないでしょうか。
太って見えてしまったり、ひどい場合には痛みも伴うむくみ、なるべく早く改善したいですよね。
そこでおすすめなのが“蜂の子”です。
むくみに効果的な栄養素を多く含んでいます。
ここではそんな蜂の子のむくみへの効果を詳しくお伝えしていきます!

蜂の子のむくみ改善効果

血行を良くする

むくみの原因の一つが血行不良です。
血液の流れが悪くなると、血液中の水分も滞ることになります。
この水分が血管から細胞の隙間に取り込まれ、溜まってしまっている状態がむくみなのです。
蜂の子には血液をサラサラにする“ビタミンB1”や“ビタミンB6”、血管を丈夫にする“ビタミンC”、血管を広げる作用のある“アルギニン”などが含まれており、血行不良によるむくみの改善に効果的です。

ストレスを緩和する

ストレスを感じると自律神経という脳神経のバランスが乱れます。
自律神経のバランスが乱れると血流の調整もうまくできなくなり、血行が悪くなってむくみが生じます。
蜂の子にはこの自律神経の乱れを整えるのに効果的な“トリプトファン”というアミノ酸が含まれています。

水分を排出する

塩分(ナトリウム)のとり過ぎはむくみを引き起こしやすくなります。
血中の塩分濃度が高くなると、それを下げるために血中の水分が多くなるのです。
蜂の子に含まれる“カリウム”は体内の余分な塩分を排出する働きがあり、水分が体に溜まるのを防いでくれます。

筋力をアップさせる

筋肉量とむくみには、実は深い関係があります。
血液は心臓から送り出され、体を巡ってまた心臓へと戻っていきます。
この時に血流が途中で滞らないようポンプの役割をしてくれているのが筋肉なのです。
そのため筋力が低下すると血行が悪くなり、むくみが起きやすくなります。
蜂の子には筋肉の材料となるアミノ酸が豊富に含まれています。
筋力をアップさせ、血行不良やむくみの改善に効果を発揮してくれます。

蜂の子や蜂の子サプリでむくみを改善!

蜂の子には、むくみの原因である血行不良や筋力の低下を改善する栄養素がぎゅっと詰まっています。
食事のバランスが偏りがち、マッサージをしてもなかなか改善されない、という人は、蜂の子を生活に取り入れてみましょう。
食事として食べるのに抵抗がある人にはサプリになったものがおすすめです。

関連コラムRelated column