蜂の子とGABAでストレス対策

栄養価が高い蜂の子のサプリにはいろいろな種類がありますが、よく見かけるのがGABAも一緒に配合されたもの。
この2つの成分には、ある共通点が存在しています。
それは“ストレスを和らげる作用がある”という点です。
それぞれストレスに対してどのように働くのか、詳しく解説していきます。

蜂の子のストレスへの働き

蜂の子には“トリプトファン”という栄養素が含まれています。
体の中では合成されない必須アミノ酸の一つです。
トリプトファンは、脳内で働く神経伝達物質“セロトニン”の材料になります。
このトリプトファンからつくられるセロトニンが、ストレスを和らげてくれるのです。
セロトニンには主に心のバランスを整える働きがあります。
体をリラックスさせたり、気持ちをポジティブにしたり、不眠を改善するなどの効果を発揮するため「幸せホルモン」とも呼ばれています。
ストレスを感じた時に過剰に分泌される神経伝達物質(コルチゾールやアドレナリンなど)を調整して、イライラや気分の落ち込みを軽減してくれます。

GABAのストレスへの働き

GABAとは、動物や食品の中にも含まれるアミノ酸の一種です。
“γ-アミノ酪酸”とも言います。
他のアミノ酸は体内で筋肉や皮膚の材料になるのが特徴ですが、GABAはそれとは違った性質を持つアミノ酸で、脳内の神経伝達物質として働きます。
ストレスを感じた時に分泌される神経伝達物質(ドーパミンやノルアドレナリンなど)を抑えて、イライラや興奮を鎮めてくれます。

蜂の子とGABAには健康効果もあり!

ストレスによって起こるイライラなどを和らげる蜂の子やGABAですが、その他に健康効果がある点も共通しています。
蜂の子には体の調子を整えるビタミン・ミネラルや、体を構成するために必要なアミノ酸が豊富に含まれています。
これらが疲労回復や病気予防に効果を発揮してくれます。
GABAの持つ鎮静作用は、血管収縮を抑えることで血圧を安定させてくれます。
どちらもメンタルだけではなく、体の健康もサポートしてくれるのです。

蜂の子とGABAのサプリに注目してみよう

蜂の子とGABA、どちらにもストレスを和らげる効果が期待できます。
体調を整えたいという人だけでなく、「仕事でストレスが溜まりやすい」「最近イライラして怒りっぽい」という人は、蜂の子とGABAどちらも摂取できるサプリに注目してみましょう!

関連コラムRelated column