蜂の子に含まれるトリプトファンとその効果

蜂の子には“トリプトファン”という栄養素が含まれています。
健康効果が高いと言われる蜂の子ですが、それにはこのトリプトファンが大きく関係しているのです。
一体どんな栄養素なのか、摂取することでどんな効果が得られるのか?
詳しくチェックしていきましょう。

蜂の子に含まれるトリプトファンとは?

トリプトファンとは、たんぱく質を構成する成分“アミノ酸”の一種です。
アミノ酸には体の中でつくられない必須アミノ酸と、体の中でもつくられる非必須アミノ酸の2つがありますが、トリプトファンは必須アミノ酸に分類され、食事から意識して摂取する必要があるとされています。

トリプトファンの働きと効果

トリプトファンは体のエネルギーになる他、次のような働きをすることが分かっています。

セロトニンを生成する

トリプトファンは脳内で“セロトニン”を生成することが分かっています。
セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質の一つです。
メンタルだけではなく体の機能にも良い影響を与えることから「幸せホルモン」とも呼ばれており、次のような効果をもたらしてくれます。

・体や脳をリラックスさせる
・寝つきを良くする
・痛みを和らげる
・ストレスによる耳鳴りや難聴を軽減する
・月経前症候群(PMS)によるイライラを緩和する
・集中力や記憶力を高める
・血圧を調整する

トリプトファンを摂取することによってセロトニンが増え、このような効果が期待できるというわけですね。

若々しさを保つ

トリプトファンには、活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素とは、体や肌の細胞を攻撃して酸化させてしまう物質です。
細胞が酸化すると病気を引き起こしやすくなったり、シワやたるみなど肌の老化が起こりやすくなります。
トリプトファンが増えすぎた活性酸素を減らすことで、体や肌の若々しさを保つことができます。

栄養豊富な蜂の子に注目してみよう!

蜂の子に含まれるトリプトファンにはセロトニンの生成や活性酸素を除去する働きがあり、健康・美容効果の他、メンタルにも良い影響を与えてくれます。
トリプトファンがセロトニンを生成する際に必要な糖質、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムなど、他の栄養素が含まれているのも蜂の子の魅力です。
「食事が偏りがち」「疲れやストレスを感じやすい」という人は、蜂の子に注目してみてはいかがでしょうか。

関連コラムRelated column