蜂の子に含まれる亜鉛の効果に注目してみよう

たくさんの栄養が含まれていることで知られる“蜂の子”。
ここではそんな蜂の子に含まれている“亜鉛”に注目してまとめています。
どんな効果があるのか、また蜂の子で亜鉛を摂取することにどんなメリットがあるのか、詳しくお伝えしていきます。

蜂の子に含まれる亜鉛の効果

亜鉛とは、体の中ではつくられないミネラルの一種です。
体内では筋肉、骨、皮膚、脳、肝臓、腎臓などに存在しています。
体を健康に保つための酵素や細胞の材料となる物質で、生きていくうえで欠かせない栄養素です。
亜鉛の効果には次のようなものがあります。

味覚を正常に保つ

舌には味覚を感じ取るための“味蕾(みらい)”という組織があります。
亜鉛にはこの味蕾の働きをサポートして、味覚を正常に保つ効果があります。

免疫力をアップさせる

亜鉛は体内でビタミンAの代謝を促します。
ビタミンAには粘膜を健康にする働きがあり、風邪からくる喉の痛みや鼻詰まりの緩和に効果的です。
また亜鉛は体内の細菌を攻撃する白血球の材料にもなり、病気を起こしにくくしてくれます。

肌や髪を美しくする

亜鉛がビタミンAの働きを促すことで、肌の新陳代謝も高まります。
その結果、肌の生まれ変わりがスムーズになりトラブルの治りも早まります。
また亜鉛はたんぱく質の合成にもかかわっており、丈夫で健康な皮膚や髪がつくられるのをサポートしてくれます。

生殖機能を正常に保つ

亜鉛は男性の精巣で精子をつくるときにも欠かせない栄養素です。
また女性ホルモンを生成する働きもあり、男性だけではなく女性にも必要な栄養素と言えます。

うつやストレスを和らげる

亜鉛は脳で働く神経伝達物質の材料にもなります。
神経の伝達が正常におこなわれることで、脳の機能アップや精神安定効果が高まります。

蜂の子で亜鉛をとるメリット

亜鉛は単体で過剰に摂取すると銅や鉄の不足を招く恐れがありますが、蜂の子にはそれらも含まれており、銅や鉄不足をカバーすることができます。
また蜂の子に含まれるビタミンCには、亜鉛の吸収率をアップさせる働きがあります。
このように、蜂の子に含まれる他の成分が亜鉛の働きをサポートしてくれるのです。
反対に、美肌効果や疲労回復効果、自律神経を整える効果など、蜂の子のたんぱく質が持つ効果を亜鉛はサポートします。
蜂の子を摂取することで、亜鉛やその他の栄養素の働きをより高めることができるのです。

亜鉛の効果に注目してみよう!

蜂の子には、体の機能を保つために欠かせない亜鉛が含まれています。
免疫力や生殖機能アップ、美肌など、多くの効果が期待できる栄養素です。
他の食材と比べると含有量はそこまで多くありませんが、蜂の子に含まれるその他の栄養素との相乗効果が期待できます。
蜂の子に含まれる亜鉛の効果、ぜひ注目してみてくださいね!

関連コラムRelated column