蜂の子のサプリの副作用について

栄養を豊富に含む“蜂の子”。
そのまま食べることに抵抗があるという人の中には、サプリの摂取を考えている人も多いかもしれませんね。
ただ、サプリというと気になるのは“副作用”の問題です。
蜂の子サプリにどんな副作用が考えられるのか、取り入れる前に把握しておきましょう。

蜂の子に副作用はある?

蜂の子は、日本でも古くから食べられてきた食品の一つです。
含まれる栄養素には、糖質、脂質、たんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、脂肪酸などが挙げられ、薬のような化学的成分によって起こる副作用はないと言えます。
ただし、食べ物でアレルギーが出やすい人は注意が必要です。
蜂の子に含まれるたんぱく質や、甲殻類のアレルギーが出やすい人は摂取を控えましょう。
また以前蜂に刺されたことがあるという人も控えるのが無難です。
体に蜂に対する免疫ができている可能性があり、次に蜂の成分を摂取した時に蕁麻疹や咳などのアナフィラキシーが起こることも考えられます。

蜂の子のサプリで考えられる副作用

食べ物や蜂のアレルギーがない限り、蜂の子で副作用が出る心配はほぼありません。
ただ、サプリを摂取する場合は次のような点にも注意しておく必要があります。

蜂の子以外の成分による副作用

サプリには蜂の子以外の成分も配合されていることが多いです。
それらの成分が体質に合わず、トラブルが起きる可能性もあります。
またビタミン類や美容成分など、安全と考えられる成分であっても過剰に摂取すると副作用に繋がる場合もあります。

薬との併用による副作用

サプリの成分の中には、薬の効果に影響を与えるものもあります。
例えばカルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルは、骨粗しょう症治療薬や一部の抗生物質の効き目を弱くする作用がありますし、美容成分として知られるコエンザイムQ10は、降圧薬や糖尿病治療薬の効き目を強くする作用があります。
摂取量が少なければそこまで影響はないかと思われますが、サプリなどでは過剰摂取になってしまうこともあるため注意が必要です。

蜂の子サプリも過剰摂取は危険!

蜂の子で強い副作用が起きることはありません。
しかし食物アレルギーや蜂アレルギーがある人は注意が必要です。
またサプリに配合されている他の成分にも注意しましょう。
体に良いものとは言え、過剰摂取は厳禁です。
持病があり薬を服用している人は、サプリを飲んでいいか医師に相談してから摂取を検討しましょう。

関連コラムRelated column