蜂の子は食べ過ぎ注意?

豊富な栄養素が詰まっている“蜂の子”。
体に良いとは言えやはり昆虫食ですから、「食べ過ぎた時に副作用が出るのでは?」と心配する人もいるのではないでしょか。
蜂の子を安心して摂取するために、蜂の子を食べ過ぎるのは危険なのか?
蜂の子を摂取する時に注意すべき点はどこか?
などをチェックしておきましょう。

蜂の子の食べ過ぎは危険?

蜂の子には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸などが含まれていますが、体に悪影響を及ぼすほどの量は含まれていません。
例えば100g(佃煮の瓶詰1個分程度の量)を食べたとしましょう。
その場合でも、副作用のような症状が起きるほどの栄養摂取量にはなりません。
蜂の子は栄養バランスの優れた食品の一つであり、多少食べ過ぎたとしても危険はないと言えます。

蜂の子を食べる時の注意点

蜂の子自体は多少食べ過ぎても問題ありませんが、蜂の子を加工した食品やサプリの場合はとり過ぎに少し注意する必要があります。

蜂の子の佃煮は食べ過ぎに注意

蜂の子製品の中でも馴染みが深いのが佃煮(甘露煮)です。
佃煮は作られる過程で砂糖や醤油など調味料をたっぷり使用しています。
そのため食べ過ぎるとカロリーや塩分のとり過ぎになり、蜂の子の持つ肥満や高血圧への効果を弱くしてしまいます。

蜂の子サプリの過剰摂取に注意

蜂の子の栄養を摂取する方法にはサプリも挙げられます。
サプリは蜂の子成分やその他の成分を効率良く吸収させるためにつくられているため、過剰に摂取すると副作用が現れやすくなります。
例えば蜂の子に含まれるアミノ酸も、サプリによって過剰摂取になることで内臓疲労、尿路結石、便秘や下痢などを引き起こす可能性があります。

蜂の子の適量を守って健康になろう!

蜂の子は食べ過ぎても副作用がない安全な食品です。
ただし、佃煮などに加工されたものやサプリになったものはとり過ぎないよう注意しましょう。
栄養や成分の過剰摂取となった場合、トラブルが起こる可能性もゼロではありません。
適量を守って美味しく摂取し、健康な体をつくっていきましょう。

関連コラムRelated column