蜂の子摂取で寝つきが良くなる?

「なかなか寝つけない」「眠りが浅い」そんな症状に頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。
眠れないストレスや疲労も溜まってしまう辛いお悩みですよね。
睡眠薬は次の日の体調にも影響を与えますし根本的な解決にはなりませんから、なるべくなら飲みたくないもの…。
そこでここでは、副作用なく安眠体質へと改善できる“蜂の子”についてご紹介していきます。

寝つきを良くする蜂の子の栄養

蜂の子には豊富なアミノ酸が含まれていますが、その中でも安眠効果があるとして注目されているのが“トリプトファン”と“グリシン”です。
この2つには次のような働きがあります。

トリプトファンの睡眠への働き

すんなりと眠りにつけるかどうかは、“メラトニン”という眠りを誘うホルモンが正常に分泌されているかどうかが鍵になります。
このメラトニンの元となるのが、心身を安定させる働きのある“セロトニン”という物質です。
蜂の子に含まれるトリプトファンはセロトニンの材料になってイライラやうつを軽減するとともに、夜のメラトニン分泌量を増やして寝つきやすくしてくれます。

グリシンの睡眠への働き

脳や体が睡眠に入る時や、深い眠りについている最中は、体の深部体温(体の内側の温度)が低くなっている時です。
つまり質の良い睡眠をとるには深部体温を下げるということが重要と言えます。
蜂の子に含まれるグリシンはこの深部体温を下げる働きがあり、不眠や眠りの浅さの改善が期待できます。

不眠の原因ストレスを和らげる蜂の子の栄養

ストレスを感じるとセロトニンは不足し、それに比例するようにメラトニン分泌も減ります。
悩み事や不安がある時に寝つきが悪くなりやすいのはこのためです。
蜂の子にはトリプトファンの他にも、不眠の原因であるストレス軽減に効果的な次のような栄養素が含まれています。

ストレスに対抗するビタミン

蜂の子に含まれる“ビタミンC”や、ビタミンBの一種である“パントテン酸”は抗ストレスホルモンの材料になります。
ストレスに対する抵抗力を強め、メラトニンの分泌を高めてくれます。

イライラを鎮めるミネラル

蜂の子にはストレスによるイライラを鎮める“カルシウム”や“マグネシウム”も含まれます。
また神経伝達物質をつくるときに欠かせない亜鉛も含まれており、セロトニンがつくられるのをサポートしてくれます。

蜂の子で自然と安眠体質へ

蜂の子には寝つきの悪さを改善するトリプトファンやグリシンが含まれています。
この2つは安全かつ睡眠サプリなどにも配合される効果的な成分です。
またその他のビタミンやミネラルが体調を整えながら質の良い睡眠へと導いてくれます。
無理やり眠気を誘う薬ではなく、自然な形で安眠を促してくれる蜂の子に注目してみましょう!

関連コラムRelated column