蜂の子サプリ比較WEB

蜂の子は、古くから健康に良いとして日本各地で重宝されてきた健康食。
現在でも長野県や岐阜県では、郷土料理として愛されています。

その見た目から「苦手」と感じる人も多いですが、栄養価は抜群!
健康だけでなく、美容にもパワーを発揮してくれるのが特徴です。

このサイトでは、そんな蜂の子のサプリメントの選び方を徹底解説。
ランキングやクチコミ情報などもご用意しているので、ぜひ、参考にしながら製品を選んでみてください。

蜂の子はこんな方におすすめ!

  • 毎日を積極的に元気に過ごしたい
  • 耳鳴り・難聴で悩んでいる
  • 貧血気味で毎日つらい
  • 体力をつけたい
  • ストレスをためこんでしまいがち
  • 抜け毛・薄毛に悩まされている
  • 肌の若々しさを取り戻したい
  • ダイエットに取り組みたい

上記のようなお悩みを抱えている方に、蜂の子サプリは人気です。
賢く活用すれば、スムーズなお悩みを解消にも役立ちます。

蜂の子とは?

蜂の子とは、文字どおり、蜂の幼虫やサナギのことを指します。
日本でも古い歴史を持つ蜂の子ですが、世界的にも非常に長い期間にわたり食用として重宝されてきました。
東アフリカでは、約150万年前から食べられていたそうです。

メスの働き蜂はローヤルゼリーや蜂蜜などの生産に大きく関与しているため、食用とされるのは主にオスの蜂の子。
生後20日程度の蜂の子が、もっとも栄養豊富とされています。

ミツバチ

サプリメントの原材料として使用される蜂の子は、基本的にはミツバチのサナギや幼虫です。
栄養価が非常に豊富で育てやすいため、サプリメントの原材料に適しています。

スズメバチ

一般的に食用の蜂の子として比較的ポピュラーなのは、味が良いとされている「スズメバチ」の幼虫やサナギです。
(ミツバチ、アシナガバチ、クマバチなどの幼虫・サナギを食用とするケースもあります。)

また、一口にスズメバチと言ってもいくつかの種類があります。

クロスズメバチ

比較的小柄なスズメバチで体長は約1~2cmほど。
巣を土の中につくるのが特徴です。
比較的おとなしい性格のスズメバチです。

オオスズメバチ

体長約2.5~4.5cmの大きなスズメバチで、非常に獰猛な性格が特徴。
他の昆虫を餌にする肉食の蜂です。

食用とする蜂の子の原材料として、味覚的に優れた品質を持っていると評価されています。
ただし、希少価値が高く、高価で入手難易度が高いのがデメリットです。

蜂の子の選び方1.ランキングを活用する

蜂の子のサプリメントの選び方が分からない…
コストパフォーマンスの良い製品を選びたいけど、どれが良いのか分からない…

そんな方は、ぜひ、ランキングを活用して製品を選んでみてください。
ランキングでは、コストパフォーマンスやクチコミでの評価、含有成分量や原材料の品質などを厳しくチェックして製品を厳選しています。
ここから選べば、確実に良質な製品を見つけることができますよ!

・初めて蜂の子のサプリを選ぶ方
・今までいろいろ購入したけど満足できるものを見つけられなかった方
には、ランキングからサプリメントを選ぶことをオススメします。

蜂の子の選び方2.クチコミ情報を活用する

クチコミ情報を活用して製品を選ぶと、蜂の子サプリのイメージが具体的になります。
蜂の子サプリが手元に届いたときに「イメージと違った」と感じることが少なくなるので、上手に活用したいところ。

当サイトでは、そんな製品選びに役立つクチコミ情報をまとめています。
ぜひ、購入前にチェックしてみてください。

蜂の子の含有成分

蜂の子には、様々な成分が含有されています。
栄養価が豊富でありながら、成分バランスが良いという点も評価すべきポイントです。

以下では、蜂の子の代表的な含有成分を解説しています。

アミノ酸 -amino acid-

アミノ酸は、体内に吸収されると、たんぱく質に再結合されます。
そして、新陳代謝による細胞新生の材料として利用されます。

たんぱく質として利用されなかったものに関しては、身体の各部位に送られて様々な健康機能を活性化させるのが特徴です。
健康的な生活に欠かせない成分であり、毎日をイキイキと元気に過ごす原動力となる栄養素と考えることができるでしょう。

美容に役立つ働きや運動による疲労のケア、免疫力の向上などの効果が期待されます。
また、成長を促進させたり、睡眠の質を高める働きも持っています。

蜂の子には、そんなアミノ酸がたっぷり含有されています。
必須・非必須を問わずに含有されているのが特徴です。

※必須アミノ酸・非必須アミノ酸
人間が体内で自ら生成することができるものを非必須アミノ酸といいます。
逆に、体内で作り出すことができず、食事などから摂取する必要があるものは、必須アミノ酸と呼ばれています。
いずれも健康や美容に欠かすことのできない栄養素です。

必須アミノ酸 -essential amino acids-

必須アミノ酸は、生命活動に必要不可欠なアミノ酸のうち、体内で合成されにくいものを指します。
食物などから摂取しなければならないアミノ酸の総称です。

必須アミノ酸は、全部で9種類存在しますが、蜂の子にはそのすべてが含有されています。
筋力アップや肌の健康維持、体力アップなどに役立つ成分を摂ることができます。

含有されている必須アミノ酸は以下のとおりです。

ロイシン -leucine-

ロイシンは、バリンやイソロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)に分類されるアミノ酸です。
傷ついた筋肉を効率よく修復する働きを期待することができます。
肝臓の機能を高める働きがあるほか、筋肉をつくり出す働きを期待することができます。

さらに、育毛をサポートする成分としても評価されています。
たんぱく質の構成に深く関与するため、力強い毛髪をつくりたい方におすすめです。
育毛・発毛に取り組んでいるケースでは、積極的に摂取したいところ!

また、アミノ酸の中でも、1日あたりの必要量が最も多いのが特徴。
そのため、年齢や性別を問わずに、たっぷりと摂取する必要があります。

もちろん、蜂の子サプリを利用すれば、効率よくしっかりと補給することができます。
ちなみに、蜂の子以外の食材では、牛肉・レバー・ハム・牛乳などに豊富に含有されています。

日常生活において不足が続く状況はあまり考えられない栄養素ですが、不足した場合はグリコーゲンの合成が停滞します。
それにより、インスリンの減少を引き起こし、血糖値の上昇を招くこともあるので注意が必要です。

血糖値が上昇すると、腎機能の低下や糖尿病の原因となります。
また、不足すると筋力の低下や疲労の蓄積などを引き起こすこともあります。

妊娠中・授乳中の大量摂取は控えるべきですが、基本的には、過剰摂取になることはありません。
ただし、医薬品との相互作用については未だ十分なデータがないため、注意が必要と言えるでしょう。

リジン -lysine-

リジンはタンパク質の構成に欠かせないアミノ酸です。
ブドウ糖の代謝を促進する働きが期待されているため、集中力のアップに役立ちます。

カルシウムなどの吸収を促進したり、肝臓の強化に貢献するのも長所です。

特に注目したいのは、疲労回復効果です。
体の組織を修復する働きを持っています。

脂肪燃焼に必要なカルニチンの原材料となるのもポイント。
ダイエットに取り組む方にとっても重要な栄養素と言えるでしょう。

リジンが不足すると、疲れやすくなったり、集中力が低下するなどの悪影響が生じます。
めまいや吐き気などを引き起こすこともあるようです。
肝臓の機能が低下することも考えられるため、血中の飽和脂肪やコレステロールが増加しやすくなることも。

中高齢の男性は、若年者層よりも積極的に摂取することが必要になると考えられています。

バリン -valine-

バリンもロイシンと同様にBCAAの一種です。
運動時のエネルギー補給に役立つ栄養素として評価されていて、スポーツサプリメントやスポーツドリンクなどに配合されることもあります。
蜂の子には、そんなバリンも豊富に含有されています。

バリンの最大の効果は、筋肉の強化と疲労回復に役立つということ。
成長を促進する効果もあります。

さらに、血液の中にある窒素のバランスを調整する役割も持っています。
アンモニアの代謝を改善することができるのもポイントです。

また、食欲不振の改善にも効果があります。
低栄養状態の改善や手術前後には、静脈注射や点滴として使われることもある成分です。

蜂の子のほかには、肉類やチーズ、落花生などにも多く含まれています。
さらに、ウニの苦み成分としても知られています。

イソロイシン -isoleucine-

イソロイシンもBCAAに分類される必須アミノ酸。
蜂の子のほかには、鶏肉やサケなどに豊富に含まれている栄養素です。
プロセスチーズや牛乳などにも含まれています。

主な効果は疲労回復や筋肉の修復など。
運動時のエネルギー補給にも役立つ栄養素です。

血管の拡張や体の成長を促進する働きもあり、幅広く活躍するアミノ酸と評価することができます。

イソロイシンをはじめとするBCAAは、腸管で合成されて筋肉内に蓄積されます。
そして、イソロイシンはグルコースをグリコーゲンとして貯蔵します。
グリコーゲンは、運動時の大切なエネルギー源です。
h  必要に応じて糖に変換されて、スタミナ源として働きます。
さらに、疲労感の原因であるセロトニンという物質の生成を抑制する効果も持っています。
これによって、疲労感を軽減することができるのもポイントです。

集中力を高める効果も持っています。
これは、神経の働きをサポートする働きによるものです。
脳から出された指令を迅速に末端組織に伝達することができるようになるため、判断力アップや反射神経の向上にも役立ちます。

人間が集中力を高めるには、興奮系の神経伝達物質の放出が必要です。
イソロイシンは興奮系の神経伝達物質の材料ともなります。
これも、集中力アップに役立つ理由の一つです。

フェニルアラニン -phenylalanine-

フェニルアラニンは、肝臓でチロシンに変換されるアミノ酸です。
ノルアドレナリンやドーパミンなど、興奮性の神経伝達物質の材料となるのが特徴。

血圧を上げる働きや精神を高揚させる働きが期待されています。
また、記憶力を高める効果も持っています。

特に注目したいのは鎮痛作用です。
人工的に合成されたDL-フェニルアラニンは、医療現場で鎮痛剤としても利用されています。
もちろん、習慣性や毒性はありません。

さらに、抗うつ効果があるのもポイントです。
メンタル面の悩みを抱えている場合にも役立つ栄養素と言えるでしょう。

皮膚疾患への効果も持っています。
白斑(はくはん)の治療には、フェニルアラニンの経口摂取が用いられます。

フェニルアラニンは、蜂の子のほかには、大豆や小麦などにも含有されています。
高野豆腐や卵などからも摂取することが可能です。

スレオニン -threonine-

スレオニンは、成長を促進する効果が期待されている栄養素。
健康的な体をつくるのに欠かすことのできない必須アミノ酸です。

肝臓の脂肪蓄積を抑制する効果も期待されているため、脂肪肝の予防にも適した成分と言えるでしょう。

また、コラーゲンの原材料となるアミノ酸であるという点もポイント。
コラーゲンは、肌の弾力と潤いをサポートする働きを持っています。
そのため、美容や美肌に優れた効果を期待することができるでしょう。

コラーゲンの生成を促進することができるため、美髪にも効果を発揮します。
髪の潤いを保ち、ハリをサポートできるのが特徴です。

コシのあるキレイな黒髪を目指したい!
そんな女性におすすめの栄養素です。

スレオニンは、蜂の子以外には、以下のような食材に含有されています。
・鶏肉や卵
・七面鳥
・ゼラチン etc.

スレオニンを過剰摂取してしまった場合は、胃腸障害や頭痛などの症状が出ると考えられています。
しかし、日常生活においてスレオニンを過剰摂取してしまうことは極めて稀です。
また、不足してしまう場合は、食欲不振や貧血のほか、体重の減少を引き起こす可能性があります。

ヒスチジン -histidine-

ヒスチジンは必須アミノ酸の中でも少し変わった性質を持った成分です。
大人は自分で生成することができますが、子供の体内では作り出すことができません。
そのため、子供にとってのみ必須アミノ酸と考えることができます。

体内で成長に関与するほか、神経機能を補助するのも特徴です。
赤血球を形成する時に必要となるのもポイント。
紫外線による皮膚へのダメージを緩和する効果もあり、シミやそばかすの予防にも働きかけます。

ダイエットに役立つのもメリットの一つ。
交感神経を刺激するヒスタミンに変換されることで、神経機能に影響を与えて脂肪細胞の交感神経に働きかけます。
それによって、効率よく脂肪を燃やすことができます。

さらに、食欲を抑制する効果も期待されています。
この二つの効果があるため、ダイエットに役立つアミノ酸として注目されています。

メチオニン -methionine-

メチオニンは、硫黄を含んだ含硫アミノ酸。
肝機能を高める効果のほか、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える働きを持っているのが特徴です。
ヒスタミンの血中濃度を低下させることができるため、アレルギー症状を抑制したい場合に最適。
花粉症やアトピー性皮膚炎などに悩んでいる場合にもおすすめです。

また、アンチエイジングにも効果を発揮します。
この働きの背景にあるのが、抗酸化ミネラルであるセレンを運搬するメチオニンの役割です。
この役割によって、体内の抗酸化作用を高めます。

また、メチオニンはグリシンとともにクレアチンを生成する材料となります。
年齢を重ねるとクレアチンを合成する能力が衰えてしまいますが、これが老化による体力減少の原因の一つと考えられています。
そんな原因の一つを防ぐことができることから、アンチエイジングに役立つと考えられています。

トリプトファン -tryptophan-

トリプトファンは、牛乳から発見されたアミノ酸。
大豆製品やナッツ類などにも含まれている必須アミノ酸ですが、蜂の子にも含有されています。

最大の特徴は、精神を安定させる働きがあること。
トリプトファンが脳に運ばれると、神経伝達物質であるセロトニンをつくる原因となります。
セロトニンはリラックス作用をもたらす栄養素です。
寝つきを良くする働きを持っているため、快眠や安眠にも役立ちます。
また、興奮状態や不快感を抑えるパワーも持っています。

ちなみに、トリプトファンとともにセロトニンの材料になるのは、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなど。
これらの成分も同時に摂取すると、効率の良いセロトニン合成を期待することができます。

さらに、セロトニンは脳の松果体という部分でメラトニンに変換されます。
メラトニンは体内時計の調整を行う働きを持った成分です。
睡眠のサイクルを正常にするほか、精神安定効果を期待することもできます。

また、トリプトファンには鎮痛作用やアンチエイジング効果も期待されています。

非必須アミノ酸 -Non-essential amino acid-

非必須アミノ酸とは、人間が自らの体内で作り出すことのできるアミノ酸の総称。
たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、11種類が非必須アミノ酸に当てはまります。

このうち、蜂の子には9種類の非必須アミノ酸を含有しています。
具体的には、以下の成分が挙げられます。

グルタミン酸 -glutamic acid-

グルタミン酸とは、リラックス成分であるGABAのこと。
有害物質であるアンモニアを解毒する働きがあり、尿の排出を促す働きがあります。
さらに、脳の機能を活性化するパワーを持っているのも特徴です。

リラックス作用を持つだけでなく、興奮系の神経伝達物質としても働くのが特徴。
脳の機能を活性化させることで、上記したアンモニア解毒や脳活性化などの働きを発揮します。

アンモニアが体内に蓄積されてしまうと、神経伝達物質の働きが阻害されてしまいます。
エネルギーをつくり出すミトコンドリアの働きを制限してしまうという悪影響もあることから、疲れやすくなったり、免疫力が低下する原因にもなるので注意が必要です。
グルタミン酸を摂取して、アンモニアをしっかりと排出しましょう。

また、グルタミン酸には、血圧を下げる働きも期待されています。
高血圧が心配…という方は、グルタミン酸を積極的に摂取するようにすると良いかも知れません。

ただし、グルタミン酸を過剰に摂取すると睡眠障害や神経症などを引き起こす可能性があるため注意が必要です。
(食生活が偏っていなければ、蜂の子サプリを摂ることでグルタミン酸が過剰になる可能性は殆どありません。)

アスパラギン酸 -Aspartic acid-

アスパラギン酸は、アミノ酸の一種です。
1806年にアスパラガスから発見されました。

利尿作用があり、グルタミン酸と同様に有害物質(毒素)であるアンモニアを体外に排出するのをサポートすることができます。
これによって、中枢神経系を保護する効果が期待されています。

また、カリウムやマグネシウムを細胞内に運搬する働きにも注目したいところ。
これによって、疲労物質である乳酸をエネルギーに変換します。
つまり、疲労回復に効果を発揮してくれるのです。

クエン酸回路に働きかけるのも特徴です。
クエン酸回路は糖質を代謝するのに欠かせない仕組みで、エネルギーを作り出すという大切な役割を担っています。
このクエン酸回路が上手く機能しないと、乳酸が蓄積して疲労を蓄積しやすくなってしまいます。
乳酸の蓄積を放置してしまうと、体の冷えや頭痛の原因にもなってしまうため、しっかりと対策を講じることが必要です。

アスパラギン酸が不足すると疲労を感じやすくなるため、体力不足を感じている方は蜂の子サプリを活用して積極的に摂取することを意識しましょう。

プロリン -proline-

プロリンは、コラーゲンの主要構成成分の一つ。
肌に潤いとハリを与えたい女性にとって嬉しい栄養素と言えるでしょう。

また、コラーゲンは、肌の弾力や潤いを維持するほか、血管や筋肉などにも存在して健康維持に役立っています。
そのため、美容だけでなく、健康にも働きかける成分と評価することができます。

また、注目したい効果として、関節痛の緩和も挙げられます。
骨と骨の間でクッションの役割を担っている軟骨は、コラーゲンで出来ています。
関節痛は、この軟骨がすり減ることによって生じます。
蜂の子からプロリンをしっかりと摂取すれば、軟骨の新陳代謝を促進して、関節痛を和らげることができます。

プロリンは脂肪を燃焼させる働きも持っています。
リパーゼという消化酵素を活性化できるのがポイントで、脂肪を効率よく燃焼・消費することができるようになります。
皮下脂肪や内臓脂肪をしっかりと燃やすことができるため、ダイエットにもおすすめです。

アラニン -alanine-

アラニンは、アルコールの分解を促進する働きを持っているアミノ酸です。
二日酔いを改善する効果があるほか、アルコール性肝炎の予防にも最適。

注目したいのは、二日酔いの原因物質と考えられているアセトアルデヒドの血中濃度を低下させる作用です。
特に、アラニンとグルタミンを同時に摂取すると、アルコールの代謝を促進することができます。

運動時のエネルギー源として働くグルコースを生成する働きも持っています。
そのため、スタミナ補給にも最適な栄養素と言えるでしょう。

スキンケアにも役立ちます。
アラニンは、角質で肌の水分の保つNMFという天然保湿成分の材料になります。

アラニンを含む食材としては、蜂の子以外では、しじみやあさりなどが挙げられます。

グリシン -glycine-

グリシンは、アミノ酸の中でも最も小さく、単純な構造を持つ非必須アミノ酸。
体内では、セリンやスレオニンから合成されます。
DNAの合成に必要な栄養素です。
全身に酸素を運ぶ物質であるヘモグロビンの原材料としても活躍しています。

最大の特徴は、睡眠の質を高める働きです。
不眠を改善して、安眠に導く効果が期待されています。

さらに、脳内神経伝達物質のセロトニンを増加させる働きもあり、抗うつ作用が期待されています。
眠りの質を改善したい方、生活リズムを整えたい方、ストレス緩和に取り組みたい方に最適なアミノ酸と言えるでしょう。

また、プロリンと同様に、コラーゲンを構成する働きを持っています。
コラーゲンの約3分の1を占める重要な栄養素です。
コラーゲンの材料となるほか、活性酸素を抑えることもできるため、美肌への効果は抜群!
若々しさをサポートしてくれるアミノ酸です。

生活習慣病の予防にも役立ちます。
コレステロール値を下げる働きがあるため、高血圧や脳卒中の対策としてもおすすめです。

チロシン -tyrosine-

チロシンは、神経伝達物質の原料となるアミノ酸です。
体内ではフェニルアラニンから合成されます。

神経細胞の興奮や抑制を伝達するアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどをつくりだすのが特徴。
さらに、成長の促進や甲状腺ホルモン、メラニン色素の原材料となります。

神経・脳の働きを支える成分なので、うつ病のケアや認知症の予防などに効果的と言われています。

神経伝達物質の原料となることで、以下のような効果を期待することができます。

  • うつ症状を改善する
  • 集中力を高める
  • ストレスを和らげる

アルギニン -arginine-

アルギニンは、ルピナスというマメ科の植物の芽から発見されたアミノ酸です。
蜂の子以外では、鶏肉や大豆などに含まれています。

最も代表的な効果としては、成長ホルモンの分泌を促進する働きが挙げられます。
これによって免疫力を高めることができます。

さらに、成長ホルモンには、食欲を抑える働きもあります。
そのため、ダイエットに活用することも可能です。

また、成長ホルモンには、脂肪の代謝促進作用や筋肉増強作用があるため、スポーツに取り組みたい方にも最適と言えるでしょう。

また、アルギニンには、免疫細胞マクロファージを活性化させる働きがあります。
マクロファージとは、細菌やウイルスなどを退治する白血球の一種。
病気に負けない元気な体をつくるのに欠かせない物質です。

血管を拡張する働きがあるのも特徴です。
体内で一酸化窒素を作り出すことによって、血管を広げて血液の流れを促進させます。
体循環や腎循環をサポートすることができるのが長所です。

セリン -serine-

セリンは、美肌に役立つ非必須アミノ酸です。
いつまでも若々しくイキイキとしていたい…
肌のキレイを維持したい…
という女性にぴったりの栄養素と言えるでしょう。

セリンは肌の角質層に存在して、肌の潤いを保ちます。
天然保湿成分(NMF)を構成するのが特徴です。
h  肌の水分を保持するほか、ウイルスや細菌から肌を守る働きを担っているのもポイントです。

また、セリンは体内でシステインに変換されます。
システインも非必須アミノ酸の一種で、髪の毛や肌のターンオーバーを促進する栄養素です。
メラニンの形成を抑制することができるため、シミやそばかすの予防にも役立ちます。

さらに、ホスファチジルセリンを生成する働きも担っています。
ホスファチジルセリンは、脳のエネルギー源となるブドウ糖を供給する物質です。
この働きによって、認知症やアルツハイマーの予防にも役立つと評価されています。

L-シスチン -L-cystine-

L-シスチンには、優れた美肌効果が期待されています。
メラニンをつくる酵素であるチロシナーゼを抑制することによって、シミやそばかすを防ぎます。

さらに、肌のターンオーバーを促進する働きも期待されています。
これによって、メラニンの排出を促すことができるのが特徴です。

また、髪の毛を健康に保つ働きがあるのもポイントです。
L-シスチンには、イオウが含まれていますが、このイオウが肌や髪、爪をつくるタンパク質の成分になります。
髪の毛にコシを与えたり、爪を強くする効果を期待することができます。

蜂の子以外では、牛肉や羊肉などに豊富に含有されています。

ビタミン類 -vitamin-

蜂の子には、アミノ酸だけでなく、ビタミン類も豊富に含有されています。
ビタミンは、健康的な生活に欠かすことのできない成分です。

水に溶ける水溶性ビタミンと油脂に溶ける脂溶性ビタミンの二種類がありますが、蜂の子にはそのいずれも含有されています。
具体的には、以下の成分が含まれています。

水溶性ビタミン -water soluble vitamin-

水溶性ビタミンとは、水に溶けやすいビタミンの総称です。
水洗いや加熱調理により損失しやすいのが特徴。

過剰に摂取しても尿と共に排出されてしまうため、体に蓄積することができません。

ビタミンC -vitamin C-

ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持つ栄養素。
健康にも美容にも欠かせない働きを持つビタミンです。
様々な機能を持っていて、生命活動において重要な働きを持つ成分と考えられています。

優れた抗酸化作用を持っているため、アンチエイジングに役立つのは注目したいポイント。
体のイキイキをサポートするほか、美容にも効果を発揮します。

美容への効果に関連する働きとしては、コラーゲンの生成に関与するという特徴も持っています。
これによって、骨の健康維持に役立ったり、肌のハリをサポートする効果があります。

さらに、免疫力を高める効果も持っています。
風邪をひきにくい体をつくることができるほか、風邪を早く治すパワーも期待されています。
風邪をひきやすい人は血中のビタミンC濃度が低いという傾向もあるようです。

丈夫な体をつくりたい…という方は、蜂の子サプリを利用して、ビタミンCを積極的に摂取しましょう。

鉄分・カルシウムなどミネラルの吸収を促進するのもメリットのひとつです。
また、白内障の予防・改善効果やストレス緩和効果、貧血を予防する効果なども期待されています。

ビタミンB群 -Vitamin B-

ビタミンB群は、それぞれ助け合いながら健康維持に役立つ栄養素です。
人間の体に必要不可欠な成分ですが、水溶性ビタミンであるため、体に貯めておくことができません。
そのため、食事やサプリで毎日補給する必要があります。

ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物の代謝を助ける栄養素です。
世界で最初に発見されたビタミンで、チアミンとも呼ばれることもあります。

疲労回復のビタミンとも呼ばれているとおり、疲れをケアする効果を持っているのが特徴。
炭水化物 (糖質)の代謝を助けてエネルギーをつくり出すことによって、疲労回復に役立ちます。

疲れやすい方は、積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミンB2

リボフラビンとも呼ばれていて、蜂の子のほかには、レバーや納豆などからも摂取することができます。
脂質を燃焼させる働きがあるのが特徴。

エネルギー代謝や細胞の新陳代謝に役立つのもポイントです。
美肌効果を持っていることから、美容のビタミン・発育のビタミンとも呼ばれています。

ビタミンB6

ビタミンB6は、ピリドキシンとも呼ばれるビタミンです。
たんぱく質の分解・合成を助ける働きがあります。

最も注目したいのは、ホルモンのバランスを整える働き。
これによって、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる月経前症候群(PMS)の症状緩和に役立ちます。
憂うつ、イライラ、頭痛などなど、様々な症状を引き起こす月経前症候群を原因からケアできるのが魅力。

また、妊娠初期のつわりの症状を緩和することもできます。
つわりは、妊娠によってトリプトファンの代謝がうまくいかなくなり、キサンツレン酸という物質が通常よりも増加してしまう状態を指します。
そして、トリプトファンの代謝不良の原因の一つとして、ビタミンB6の不足が考えられます。
そのため、ビタミンB6を積極的に摂取すれば、つわりの症状を緩和することができるのです。

これらの効果を期待することができるため、女性にとって心強い味方となってくれる栄養素と言えるでしょう。
蜂の子を上手に活用して、積極的に摂取したい栄養素です。

ナイアシン

ナイアシンは、糖質や脂質を燃やしてエネルギーをつくりだす働きを持つビタミン。
体内に最も多く存在するビタミンで、様々な代謝に関与しています。
補酵素としての働きも持っているのが特徴です。

二日酔いを防ぐ働きがあり、アルコールの分解に役立ちます。
さらに、粘膜や皮膚の健康を保つ効果を持っているのもポイントです。

また、毛細血管を広げる作用があることから、血行を促進する働きがあります。
これによって、冷えや肩こりの解消、頭痛の改善などに効果を発揮してくれるのも長所です。

血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きもあるため、動脈硬化などの予防にも役立ちます。
悪玉コレステロール(LDL)値を低下させて、生活習慣病を予防します。

パントテン酸

エネルギーの代謝を助ける働きがあるビタミンBです。
ビタミンB群の中で5番目に発見されたことから、ビタミンB5と呼ばれることもあります。

最大の特徴は、エネルギーの代謝を助ける働きです。
ビタミンB1と共に糖の代謝に役立ちます。

ストレスを緩和させる働きを持っているのもポイント。
ホルモンの合成に関わり、ストレスを緩和させます。
これによって、鬱(うつ)病の予防やイライラの解消に役立つのが特徴です。

また、ビタミンCの働きを助けて、肌や髪の毛のキレイをサポートする働きも持っています。

ビオチン

ビオチンは、皮膚や髪の毛を健康に保つ効果を持つビタミンです。
補酵素として糖の代謝に関与しています。

亜鉛と協力して核酸の合成に役立つのもポイント。
皮膚の細胞が正常に生まれ変わり、健康な状態を保つために欠かすことのできない栄養素です。

かゆみの原因となるヒスタミンという物質の生成を抑えることができるため、アトピー性皮膚炎を改善する効果も期待されています。

ミネラル -mineral-

ミネラルは、体の調子を整える働きを持つ栄養素。
蜂の子には、合計8種類のミネラルが含有されています。

具体的には、以下のようなミネラルが含まれています。

亜鉛 -Zn-

亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与する栄養素です。
さらに、味覚を正常に保つという働きも持っています。

皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果もあり、健康維持には欠かせない成分と考えることができます。
日常生活で不足しがちなミネラルであるため、蜂の子サプリを活用して、積極的に摂取したいところ。

二日酔いを防ぐ効果を持っているのもポイント。
また、抜け毛を予防する効果や男性の生殖機能を維持する効果なども期待されています。

カルシウム -Ca-

カルシウムは、骨や歯をつくる栄養素です。
さらに、ストレスを和らげる効果も持っています。

日本人にとって慢性的に不足しやすい栄養素と言われているため、積極的に摂取することが必要です。
蜂の子サプリを上手に活用して、十分な量を摂取しましょう。

その他のミネラル

上記以外のミネラルとしては、以下が挙げられます。

  • カリウム
  • リン
  • マグネシウム
  • ナトリウム

脂肪酸 -Fatty acid-

脂肪酸は脂質を構成する成分のこと。
蜂の子には、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸などが含有されています。
いずれも健康維持に役立つ栄養素です。

オレイン酸は、オリーブオイルの主成分としても知られている栄養素で、不飽和脂肪酸に分類されます。
酸化に強いのが特徴です。

リノール酸も不飽和脂肪酸の一種です。
体の各組織に栄養を供給して、元気をサポートする働きを持っています。
代謝を高めたり、脂肪の燃焼を助ける働きを持っています。

関連コラムRelated column