蜂の子の貧血予防効果

目まい、動悸、息切れなどの症状を引き起こす貧血。
妊娠、出産、生理、無理なダイエットなど、貧血を引き起こす原因が多く見られる女性は特になりやすいと言われています。
そんな貧血トラブルにおすすめなのが“蜂の子”です。
蜂の子が貧血にどのように働きかけるのか、詳しく見ていきましょう!

蜂の子の貧血予防効果

蜂の子には豊富な栄養が含まれています。
その中で貧血に効果的なのが“鉄”と“亜鉛”です。
それぞれどのような効果をもたらすのか解説していきます。

ヘモグロビンがつくられるのを助ける

血液の中には“ヘモグロビン”というたんぱく質の一種が存在しています。
血液中の酸素と結びつき、体全体に酸素を運ぶ役割をしている物質です。
このヘモグロビンが減ると酸素はうまく運ばれなくなり、体は酸欠状態となって目まいや動悸が起こりやすくなります。
これがいわゆる貧血です。
蜂の子にはヘモグロビンの材料となる鉄が含まれており、ヘモグロビンがつくられるのを促して貧血を起こしにくくしてくれます。

造血ホルモンの低下を防ぐ

上記に挙げた鉄・ヘモグロビン不足による貧血を「鉄欠乏症性貧血」といいますが、貧血にはもう一つ「亜鉛欠乏症貧血」と呼ばれるものがあります。
ランナーや長距離を走るスポーツ選手などに起こりやすい貧血です。
たくさん汗をかくことで亜鉛が不足すると、造血ホルモンの分泌が低下します。
それにより血液がうまくつくられなくなり貧血を起こしてしまうのです。
蜂の子に含まれる亜鉛を補うことで、激しい運動や栄養不足による亜鉛欠乏性貧血も予防することができます。

蜂の子には鉄や亜鉛以外の栄養も豊富!

蜂の子には、鉄や亜鉛以外にも多くの栄養素が含まれています。
鉄の吸収を良くするビタミンC。
血液をつくるのに欠かせないビタミンB2やビタミンB6。
またヘモグロビンの材料になるアミノ酸も豊富に含んでいます。
これらの栄養素が、鉄や亜鉛とともに貧血予防をサポートしてくれます。

蜂の子で栄養をバランスよく摂取して貧血予防

蜂の子には貧血を起こしにくくする鉄や亜鉛をはじめ、ビタミンCやアミノ酸など、貧血予防をサポートする栄養素が豊富に含まれています。
もちろんその他の健康効果も見込めます。
一つの栄養素に特化したサプリや食事よりも、いろいろな栄養素がバランスよくとれる蜂の子はおすすめです。

関連コラムRelated column