蜂を使った食品がすごい!蜂の子佃煮やスズメバチ焼酎

毒を持っているとして恐れられているスズメバチですが、実は健康食品として昔から重宝されてきた蜂でもあるのです。
信州などでは蜂を使った料理が郷土料理として今でも親しまれていますし、健康のためにわざわざ取り寄せて食べる人もいるほど、根強い人気があります。
ここではそんな蜂食品の中でもメジャーな“蜂の子の佃煮”や、珍しい“スズメバチ焼酎”をご紹介していきます。

お土産にも人気!蜂の子佃煮

蜂の子佃煮とは?

蜂の子とは、蜂の幼虫やサナギのこと。
野菜のようなあっさりとした甘みがあります。
蜂の幼虫・サナギ全般を「蜂の子」と呼びますが、佃煮にされるのはスズメバチの蜂の子が一般的のようです。
この蜂の子を砂糖や醤油で煮つけて甘辛く味付けしたものが蜂の子の佃煮で、主に瓶詰や缶詰にされて販売されています。

蜂の子佃煮の健康効果

蜂の子にはビタミン、ミネラル、アミノ酸、良質な脂質など、豊富な栄養素が詰まっています。
生活習慣病の予防、滋養強壮、美肌づくりなどに効果的です。
またストレスを緩和する効果があることも分かっており、耳鳴りや難聴を改善する効果があることも明らかにされています。

生きたまま焼酎漬けに!スズメバチ焼酎

スズメバチ焼酎とは?

スズメバチの成虫を生きたまま漬けた焼酎のことです。
生きたまま漬けることで焼酎にエキスがしっかり出るのだとか。
このエキスというのはスズメバチの毒のことで、酵素類やペプチド類(アミノ酸が2個以上繋がったもの)が含まれ、様々な健康効果が期待できます。
刺されて痒みや痛みの原因物質が直接体に回ってしまうのは危険ですが、腸から吸収する程度の少ない量であれば毒性はないとされています。
市販ではほとんど見られない珍しいお酒で、塩気や生臭さが少し感じられます。

スズメバチ焼酎の健康効果

蜂毒のベースであるアミノ酸の働きで、血圧や血糖値の安定、美肌、疲労回復などの効果が期待できます。
また殺菌作用や利尿作用、神経症への作用もあると言われています。

健康維持におすすめの蜂食品

昆虫食に馴染みがない人は、蜂の佃煮や焼酎があると知ってびっくりするかもしれません。
挑戦するのにもためらってしまう人が多いかと思います。
しかし栄養が凝縮された自然食であることは確かです。
見かけた際にはぜひ注目してみてください。
ただし、蜂や甲殻類にアレルギーがある人は避けた方がいいでしょう。

関連コラムRelated column