蜂の子とワーファリンの併用がおすすめできない理由

“蜂の子”はワーファリンと併用してはいけない、というのを聞いたことがありませんか?
蜂の子は蜂の幼虫やサナギのことで、豊富な栄養を含む食品の一つです。
なぜ薬と併せてとることに注意が促されているのか、摂取する前に把握しておきましょう。

蜂の子とワーファリンの併用がおすすめできない理由

ワーファリンとは?

ワーファリンとは、出血を止める(血液を固める)作用のあるビタミンKの働きを抑えて、血液が固まるのを防ぐ薬です。
これによって血管が詰まってしまうのを防ぎ、血栓症や心筋梗塞などの病気を起きにくくすることができます。
従って、薬効を弱めてしまうビタミンKが多く含まれる納豆や青汁などは控えるべきとされています。

ワーファリンに作用する蜂の子の効果

蜂の子にはワーファリンの効果を弱めるビタミンKは含まれていません。
ただ、蜂の子にはワーファリンの効果を強める可能性のある次のような効果があります。
・豊富な栄養が血流を促す
蜂の子にはビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養が豊富に詰まっています。
これらには体全体の血流をアップさせる効果があります。
・自律神経が整い血流が改善される
蜂の子には自律神経を整える効果があることも分かっています。
自律神経とは体や脳の機能をコントロールする神経で、その働きの中には血流のコントロールも含まれます。
つまり、自律神経が整うことで滞っていた血流を良くすることができるのです。
これらの効果がワーファリンの効果を強め、皮膚や鼻、内臓からの出血が止まらなくなるなどのトラブルにつながる可能性があります。

ワーファリンとの併用を控えるべき成分

サプリなどでは蜂の子成分を高濃度で摂取することになるため特に注意が必要です。
また蜂の子サプリや、他のサプリに配合されがちな次の成分にも、ワーファリンの効果に影響を与える可能性があります。

・ビタミンA
・ビタミンE
・イチョウ葉エキス
・カモミール
・チョウセンニンジン(オタネニンジン)
・クロレラ

蜂の子は薬との併用に注意!

蜂の子には血流を良くする効果があり、その効果がワーファリンの効果を増強させてしまう可能性があります。
ビタミンKが入っていないから、自然由来の食品だからと、安易に併用してしまうのは危険です。
ワーファリンだけではなく、他の医薬品を服用中の人も必ず摂取する前に医師に確認するようにしましょう。

関連コラムRelated column